セレブから愛された歴史

HISTORY

セレブから愛された歴史

プリンセス・クルーズがクルーズ旅行を始めて約半世紀。
プリンセス・クルーズはその歴史の中で、世界のセレブたちから愛されてきました。
そして、アメリカを中心にクルーズ旅行を広め、定着させました。


プリンセス・クルーズの歴史

プリンセス・クルーズの歴史

1965年 創業
創業者スタンレー・B・マクドナルドがプリンセス・パトリシアをチャーターし、プリンセス・クルーズを設立。プリンセスの初めてのクルーズとしてメキシコに向け出港。ここからプリンセス・クルーズの歴史が始まります。

1977年 プリンセス・クルーズを舞台にしたドラマが大ヒット
プリンセス・クルーズを舞台にしたテレビドラマ「ラブボート」が全米で放送開始。このドラマは空前の大ヒットとなり、クルーズブームの口火を切ることになります。

2004年 ダイヤモンド・プリンセス、サファイア・プリンセスが就航
三菱重工業長崎造船所で建造されたダイヤモンド・プリンセスとサファイア・プリンセスが相次いで就航。

2013年 外国客船よる過去最大規模の日本発着クルーズに就航
日本の港を拠点とした、日本発着クルーズの定期運行を開始したのがこの年。日本でもクルーズ旅行が広く知れ渡り、豪華客船でのクルーズ旅行がさらに手頃に楽しめるようになりました。


セレブが命名した豪華客船の数々

ウェールズ公妃ダイアナ

ロイヤル・プリンセス(初代

ウェールズ公妃ダイアナ

1984年11月15日、英国サウサンプトンにて命名

全客室が海に面し、吹き抜けアトリウムを世界で初めて客船に採用した初代ロイヤル・プリンセス。英国船として建造されたこの船の名付け親は、ウェールズ公妃ダイアナです。命名式では、この日のために特別に作られた壇上で航海の安全と神の祝福を祈願しました。その後、キャプテンのエスコートで船内を見学され、忘れがたい思い出を船に刻んでくれました。

オードリー・ヘプバーン

スター・プリンセス(初代

オードリー・ヘプバーン

1989年3月23日、米国フォート・ローダーデールにて命名

フロリダの晴れ渡った空の下、現れたのはスター・プリンセスの名に相応しい往年の大スター、オードリー・ヘプバーン。『ローマの休日』『ティファニーで朝食を』などの名画に主演した伝説の女優オードリー・ヘプバーンは、命名式を終えるとそのまま記念すべき初めての航海に同行し、クルーズを楽しみました。乗り合わせた幸運な乗客たちは、彼女の温かな人柄と時を越えた美しさに触れることができたのです。

ソフィア・ローレン

クラウン・プリンセス(初代

ソフィア・ローレン

1990年9月25日、米国ニューヨークにて命名

祖国イタリアのみならず、世界にその名を知られた稀代の美しさを持つ女優ソフィア・ローレン。馬車で現れた彼女がステージへ上がると、命名式会場は華やかな緊張感に包まれました。レバーを引いてシャンパンを船にかけると「クラウン・プリンセス」の名をコール。デッキ上に列をなしたプリンセスのクルーたちが熱狂的な歓声で祝福し、大女優は満面の笑顔でその声に応えました。

マーガレット・サッチャー

リーガル・プリンセス(初代

マーガレット・サッチャー

1991年8月8日、米国ニューヨークにて命名

当時、世界で最も威厳のある女性と称された英国初の女性首相であり、「鉄の女」とも呼ばれたマーガレット・サッチャー。政治と外交において類い稀な功績を収めた彼女も、船の名付け親になるのは初めての経験でした。命名式で「リーガル・プリンセス」と発したその決然とした声が、晴れの日の舞台に気品を添えてくれました。

ケンブリッジ公爵夫人キャサリン妃

ロイヤル・プリンセス(3代)

ケンブリッジ公爵夫人キャサリン妃

2013年6月13日、英国サウサンプトンにて命名

初代ロイヤル・プリンセスを命名したのは、ウェールズ公妃ダイアナでした。3代目となる新しいロイヤル・プリンセスの名付け親となったのは、2011年に英国王室入りしたケンブリッジ公爵夫人キャサリン。その優雅さでファッション界に多大な影響力を持ち、多くのチャリティーを支援する慈善活動家としても知られ、2012年にはタイム誌の「世界で最も影響力のある100人」に選ばれています。


年表

1965年 スタンリー・B・マクドナルドがプリンセス・クルーズを設立。プリンセス・パトリシアでメキシコへクルーズを開始。
1967年 クルーズ専用に建造されたモダンな客船の草分けであるプリンセス・イタリアで初のパナマ運河クルーズを開始。
1968年 シーウィッチのロゴが初登場。初のアラスカクルーズのシーズンを開始。ナッソーからジェノバまで大西洋横断クルーズを開始。
1977年 プリンセス・クルーズを舞台にしたテレビ番組「ラブボート」が全米で放送開始。空前の大ヒットとなり、クルーズブームの口火を切る。
1981年 カリブ海でプライベートアイランドとして開発したパーム島(グレナディーン諸島)に寄港開始。
その後、メイルー島(グレナディーン諸島)、エリューセラ島プリンセス・ケイズ(バハマ諸島)にプライベート施設を拡張。
1984年 ジニー・ユベロス(1984年ロサンゼルスオリンピック大会組織委員長ピーター・ユベロス夫人)がスカイ・プリンセス命名。
ウェールズ公妃ダイアナがロイヤル・プリンセス(初代)命名。
全キャビンが海側に配置された画期的な客船、ロイヤル・プリンセス就航。
また、それ以降も高級なスイート客室のみに限られていたプライベート・バルコニーをスタンダード客室へ導入し、クルーズ業界の常識を刷新。
1985年 パシフィック・プリンセスで地中海クルーズを開始。
1986年 バンクーバー‐ウィッティア間で、新たにアラスカ・グレーシャー・クルーズを開始。
1987年 クルーズの前後に陸路でアラスカの大自然を楽しむためのプリンセス・クルーズ専用の宿泊施設「デナリ・プリンセス・ウィルダネス・ロッジ」が営業開始。
以後、2002年までに全5カ所の観光拠点をアラスカに建造。この年からカリブ海クルーズ、アジアクルーズ、バルト海クルーズを開始。
1989年 オードリー・ヘプバーンがスター・プリンセス(初代)命名。
1990年 ソフィア・ローレンがクラウン・プリンセス(初代)命名
リピーターのお客様に様々な特典を提供する「キャプテンズ・サークル・ロイヤリティー・プログラム」を開始。
1991年 マーガレット・サッチャーがリーガル・プリンセス(初代)命名。
1995年 ドロシー・スターリング(P&O会長ジェフリー・スターリング夫人)がサン・プリンセス(2代)命名。
当時世界最大のクルーズ客船、サン・プリンセスが就航。
1996年 「Courtesy, Respect, Unfailing in Service Excellence(礼儀、敬意、尽きることのない優れたサービス)」の頭文字をとった乗務員用の顧客サービス研修プログラム「C.R.U.I.S.E.」を業界で初めて開始。以後、洋上のホスピタリティをリードする存在に。
1997年 「ラブボート」初代出演者がドーン・プリンセス(2代)命名。
1998年 オリヴィア・デ・ハヴィランドがグランド・プリンセス命名。
キャロライン・マクフェイル(P&Oマネージング・ディレクター、ブルース・マクフェイル卿夫人)がシー・プリンセス(2代)命名。
ジョアンナ・ラムリーがシー・プリンセス(2代)再命名。
アイランド・プリンセスで、ローマからサンフランシスコを64日でまわるプリンセス初のワールドクルーズを実施。
2000年 アリ・マッグロー&ライアン・オニールがオーシャン・プリンセス命名。
2001年 メイン・ダイニングで好きな時間に好きな人と好きなテーブルでディナーを楽しめる「エニタイム・ダイニング」を業界にさきがけて開始。
すでに導入していた24時間営業のレストランとあわせ、乗船客が思い思いのクルーズライフを楽しめるサービスのスタイルを追求。
2002年 マーリッサ・ジョージ(ミスユニバース米国ヴァージン諸島代表)がゴールデン・プリンセス(2代)命名。
グニッラ・アントニーニ(フィンカンティエリ・カンティエリ・ナヴァーリ・イタリアーニ・エグゼクティブ・チェアマン、ドクター・コラード・アントニーニ夫人)がスター・プリンセス(2代)命名。
ギャビ・ハロウズ(ハロウズ財団創立者フレッド・ハロウズ夫人)がパシフィック・プリンセス(2代)命名。
トニータ・フロース(タヒチ大統領夫人)がタヒチアン・プリンセス命名(2009年12月オーシャン・プリンセスに改名)。
2003年 ミレヤ・モスコソ(パナマ大統領)がコーラル・プリンセス命名。
ジェイミー・サレー&デービッド・ペルティエ(フィギュアスケート2002年ソルトレイクシティ五輪ペア金メダリスト)がアイランド・プリンセス(2代)命名。
南極クルーズを開始。
2004年 佃 芳子(三菱重工業社長佃和夫夫人)がダイヤモンド・プリンセス命名。
ジル・ウィーラン(「ラブボート」ヴィッキー役)がカリビアン・プリンセス命名。
ナンシー・マーコウスキー(アラスカ州知事夫人)がサファイア・プリンセス命名。
三菱重工長崎造船所で建造されたダイヤモンド・プリンセスとサファイア・プリンセスが相次いで就航。
2006年 マーサ・スチュワートがクラウン・プリンセス(2代)命名。
2007年 フローレンス・ヘンダーソン、マリオン・ロス、エリン・モーラン、スーザン・オルセン(「ゆかいなブレディー家」「ハッピーデイズ」出演者)がエメラルド・プリンセス命名。
ロレーヌ・アーツト(プリンセス・クルーズ最多搭乗記録保持者)がロイヤル・プリンセス(2代)命名。
2008年 トリスタ・サッター&ライアン・サッター(「バチェロレッテ」出演者)がルビー・プリンセス命名。
エンジンルーム、医療センター、印刷所、クリーニング設備、写真ラボ、ブリッジなど、普段はご覧いただけない大型客船の裏側をクルーが案内する「究極の船内ツアー」をクルーズ業界で初めて開始。
2010年 乗船日に家族や友人を船上へ招待できる「ボンボヤージ・エクスペリエンス・プログラム」、
乗船予約と航空券を組み合わせた「イージーエアー・プログラム」を開始。
2013年 ケンブリッジ公爵夫人キャサリン妃がロイヤル・プリンセス(3代)命名。
サン・プリンセスが日本発着クルーズを開始。
プリンセス・クルーズ最大の規模を誇る新造船ロイヤル・プリンセスが就航。
日本発着クルーズ開始。
2014年 ギャビン・マクロード、フレッド・グランディ、テッド・ランゲ、バーニィ・コペル、ローレン・ティウス、
ジル・ホイーラン(「ラブボード」出演者)がリーガル・プリンセス(2代)命名。
  • ※プリンセス・クルーズから引退した客船