クルーズ旅行の計画

PLAN OF CRUISE



プリンセス・クルーズについて

プリンセス・クルーズはどこの船会社ですか?

プリンセス・クルーズは1965年創業の米国の船会社で、現在17隻を保有する世界屈指のクルーズラインです。ホールディング会社であるカーニバルコーポレーションは、キュナード・ライン、シーボーン・クルーズ、コスタクルーズ、ホーランド・アメリカライン、カーニバルクルーズライン、プリンセス・クルーズを保有しています。またP&Oクルーズ英国、P&Oクルーズオーストラリアとも姉妹会社になります。
1977年にアメリカのテレビドラマ「ラブボート」にて、当時の客船パシフィック・プリンセスが舞台となりました。このドラマは約10年続いた人気番組となり、ドラマを通してクルーズ旅行の過ごし方や楽しみ方が一般に知られるようになると共に、プリンセス・クルーズのブランド名とロゴマーク「シーウィッチ(海の女神)」が広く浸透しました。2004年には三菱重工業長崎造船所にて日本の造船史上最大の客船「ダイヤモンド・プリンセス」と「サファイア・プリンセス」(両船ともに116,000トン)が就航し、プリンセス・クルーズの主力船として運航しています。2013年より、プリンセス・クルーズは日本発着クルーズを開始しました。

プリンセス・クルーズの特徴は?

ゆったりとリラックスしてお寛ぎいただける船内と、プレミアム・クラスの豪華客船ならではの質の高いお食事をご用意し、お客様の満足度の高いクルーズ旅行を提案しています。バルコニー客室の導入、深夜まで営業するブッフェレストラン、メイン・ダイニングで営業時間内のお好きな時間に予約がとれる「エニタイム・ダイニング」など、常にクルーズ業界のパイオニアとしてサービス向上の改革を推進してきました。

どの年代の乗船客に向いていますか?

エレガント&カジュアルをコンセプトに、リラックスして落ち着いた大人のご旅行を楽しみたい方がご満足いただけるようなお食事とサービスを提供しています。もちろんご家族連れや三世代でのご旅行にもぴったりで、船内にはお子様向けのキッズエリア(年齢別)もご用意しています。


就航エリア

主な就航エリアはどこですか?

アラスカ、メキシコ、カリブ海、地中海、バルト海、オセアニア、南米、アジアなど、世界中の様々な海域を運航しています。2013年より日本発着クルーズも始まりました。

日本からの乗船(下船)はできますか?

2013年4月よりサン・プリンセスが日本発着クルーズを開始し、2014年にはダイヤモンド・プリンセスが日本発着クルーズを行っています。他にも日本国内の港に寄港するアジアクルーズもございます。

長期間のワールドクルーズはありますか?

3ヵ月以上におよぶ魅力的なワールドクルーズを、毎年趣向を変えた寄港地で行っています。


客船

保有客船数はいくつですか?

2017年5月現在、142,000トンや116,000トンといった大型客船から、92,000トン、77,000トンの中型船、30,200トンの小型客船まで、バラエティー豊かな17隻を保有しています。

新造船就航の予定はありますか?

新造船2隻を、それぞれ2019年と2020年に就航を予定しています。

どの船がいいのでしょうか?

それぞれの客船に特長があります。10万トンを超える大型客船では、多彩な施設がご利用いただけます。中型客船は、手頃な大きさで使い勝手の良さが魅力です。小型客船では、お客様と乗務員の距離が近いことから、よりアットホームなサービスが人気です。


クルーズ以外の手配

航空券の手配もお願いできますか?

弊社はクルーズ会社ですので、航空券のお取り扱いはございません。お申込みの旅行会社にご相談ください。

ホテルの手配もお願いできますか?

プリンセス・クルーズ社は、クルーズ前後のホテル泊と、空港とホテル、ホテルと港の送迎をセットにした「クルーズ・プラス」(有料)というプログラムをご用意しております。クルーズご予約時に旅行会社にご相談ください。

クルーズの前後の宿泊観光ツアーも予約できますか?

海外クルーズでは、クルーズと地上の宿泊観光ツアーがセットになったプラン(クルーズツアー)がございます。詳細、代金は こちら よりご確認ください。

宿泊観光ツアー(クルーズツアー)代金には、何が含まれていますか?

ホテル代、日程表に明記された観光と送迎の費用です。チップ、飲み物代、寄港地に上陸された際のお食事など、個人的な費用は含まれません。

港への送迎はありますか?

様々な送迎手段をご用意しております。日本発着クルーズについては、取扱い旅行会社にお問合せください。
海外クルーズでは、空港から離れた港へも船会社手配のトランスファープランを利用すれば便利です。クルーズ予約時にお問合せください。


プリンセス・クルーズのウェブサイト

ウェブサイトの管理・運営はどこが行っていますか?

当サイトはプリンセス・クルーズのジャパンオフィスである、株式会社カーニバル・ジャパンが運営しています。

日本語サイトと英語サイトの関係は?

日本語サイトは株式会社カーニバル・ジャパンがプリンセス・クルーズ社に代わって開発したものです。日本語の情報については、英語の情報をもとに日本人向けによりわかりやすく編集しています。

ウェブサイトの版権について

日本語サイトの版権は、すべて株式会社カーニバル・ジャパンが保有しています。許可なく無断転用することは禁じられています。


クルーズお申し込み条件

旅客運送約款について

詳細は下記よりご確認ください。

クルーズお申し込み条件

詳細は下記よりご確認ください。

当社の責任範囲について

当社の責任はクルーズ運航および当社のスタッフによるサービスのみについて負うものであり、乗船までの交通機関、寄港地での観光、観光業者、レストラン、医療業者などとの間に起こった損害、紛失、事故については、その一切が責任の対象外となります。