旅行の準備

PREPARATION OF CRUISE

旅行の準備

クルーズの予約が完了し、パスポートなど必要書類も揃ったら、次は持ち物や服装などの確認です。
船内ではカジュアルな服装でお過ごしいただける空間と、ドレスアップして過ごす空間がありますので、
それぞれに合わせた服装を準備すると、よりクルーズ旅行が楽しめます。


必要な持ち物

必要な持ち物

もっとも忘れてはならないのは、旅行の書類やパスポート、保険証など。どこに入れたかわからなくならないよう、ファイルなどに入れてまとめておくといいでしょう。またパスポートや保険証などはコピーをとり、1枚はバッグに入れ、1枚は自宅に置いておくと紛失した時などに役立ちます。
客室には必要なアメニティーが揃っており、船内の売店でも日用品が売られているので、必要最低限なものだけご準備いただき、なるべく身軽にお越しください。あると便利なものは、眼鏡、コンタクトのスペア、サングラス、カメラやビデオ、電池、携帯電話の充電器、常備薬、英文の処方箋(持病のある方や通院中の方)、住所録、双眼鏡、折り畳み傘などです。
またスーツケースは、少し大きめなものを用意し、お土産用のスペースを空けておきましょう。下船前日には、スーツケースなどの大きな荷物は船に預けますので、洗面用具など1泊分の荷物が入る手荷物用バッグをご用意ください。コンセントは110Vおよび220Vで日本のプラグが使えますが、長時間ご利用の場合、変圧器をご持参されることをおすすめします。


服装

服装

日中の船内、寄港地での観光はカジュアルな服装でお過ごしください。夕方以降は、お洒落をして船内を楽しんでいただくため、「スマートカジュアル」「フォーマル」のふたつのドレスコードを設けています。その日のドレスコードは、船内新聞「プリンセス・パター」でご案内いたします。

スマートカジュアル

スマートカジュアル

通常、高級レストランにお食事に行く際の服装とお考えください。

男性:襟付きシャツ、ジャケットまたはブレザー、スラックスなど

女性:ワンピース、ブラウス、スカートなど

フォーマル

フォーマル

通常、結婚式や披露宴に招待されたときの服装とお考えください。

男性:ダークスーツ、ディナー・ジャケットまたはダークスーツにネクタイ

女性:イブニングドレス、カクテルドレス、着物など

※5日以下のクルーズでは、通常フォーマルはありません。

ダイニングでの夕食の際は、半ズボン、サンダル、野球帽、ほつれや穴あきデザインのカジュアルなジーンズはご遠慮ください。
また、船内冷房、気温の下がる朝夕に備え、どのクルーズでもカーディガンなどの上着をご用意ください。


より快適に移動するためのポイント

より快適に移動するためのポイント

日本発着クルーズには、便利な荷物の宅配便サービスがあります。ご自宅から客室まで、宅配便にてスーツケースなどの荷物をお届けしますので、重い荷物を持ち運ぶ必要はありません(有料)。下船時にもご利用いただけますので、お土産をたくさん買ってもハンドバッグひとつでご帰宅いただけます。
また、海外発着クルーズでは送迎プランもご用意しておりますので、空港から港への移動などにご利用ください(有料)。事前予約が必要となりますので、詳細は取扱い旅行会社にお問合せください。